バイナルグラフィックを貼る前に

バイナルグラフィックを貼る前に

バイナルグラフィックを貼る前に バイナルグラフィックを貼る前には、それなりの準備が必要となります。フィルムを貼る時にゴミが入ってしまうと、表面が綺麗にならないからです。
洗車で埃などを綺麗に落としておく必要があります。またワックスなどをかけてしまうと、フィルムが剥がれやすくなってしまいます。
そのためにバイナルグラフィックを貼る前は、注意して車体を手入れすることが大切です。どんなに古い車体でも綺麗に仕上げることができるのがバイナルグラフィックの特徴ですが、塗装に剥げている部分があったり、あるいはサビが発生しているところがあると綺麗に仕上げることができなくなります。
そのような場合には、きちんと処理をしておくことが必要となります。表面をできる限り平らにして、仕上げた後に凸凹が残らないようにするためです。
また、あまりに古い塗装の上からフィルムを貼ると、剥がした時に塗装も一緒に剥がれる可能性があります。その点は理解しておくことが大切です。

バイナルグラフィックを貼る時に空気が入ってしまったら

バイナルグラフィックを貼る時に空気が入ってしまったら バイナルグラフィックでは、デザインをプリントしたフィルムを車体に貼ることになります。その際に注意しないと、間に空気が入ってしまいます。
中に気泡ができてしまうので、仕上がりが綺麗にならないのできちんと対処することが必要です。
空気が入ってしまったら、一旦剥がして貼り直す必要があります。その際には中性洗剤をスプレーで吹きかけながら貼ると、空気がうまく抜けて貼ることができます。
その際には定規など固い板状のものを押し付けながら貼ると、空気も入らなくなります。
またバイナルグラフィックの場合、アール調にカーブしている場所ではドライヤーを使うと綺麗にフィットします。フィルムを熱しながらゆっくりと貼り付けると、車体のカーブに沿ってフィルムも変形し、うまく張り付きます。
あまり熱を加えすぎると、フィルムが溶けてしまうので注意が必要です。またタオルでボディを抑えながらフィルムを貼ると、滑り止めにもなって作業がしやすくなります。