バイナルグラフィックのデザインにはそれぞれ意味がある

バイナルグラフィックで痛車を作成しよう!

バイナルグラフィックで痛車を作成しよう! バイナルグラフィックとは、ビニール製のグラフィックという意味であり、VinylとGraphicを合わせたものです。
単に発音がビニールからバイナルと変化したもので要点としては、車体にグラフィックが印刷されたビニール製のシートを貼り付けるというものです。
いわゆるラッピングカーの一種になりますが、バイナルグラフィックは主に痛車の分野で広く使われています。
痛車とは、車体にマンガやアニメのキャラクターを描いたものですが、車体に直接描くというのは難易度の高いものであり、以前はごく一部のマニアの間で行われていましたが、現在では大型インクジェットプリンターの登場でバイナルグラフィックを使うことで簡単に作ることが可能です。
特にインクジェットプリンターにより高画質の印刷が可能になっていますし、またバイナルグラフィックはビニール製ですので曲面に対してもフィットするので複雑な形状のボディでも痛車を作ることができます。

バイナルグラフィックはどこで貼ってもらえる?

バイナルグラフィックはどこで貼ってもらえる? バイナルグラフィックは、オリジナルのデザインのステッカーなどを自分で貼り付けるのも楽しみのひとつですが、多くは耐水、耐熱などの特殊な素材が用いられていることもあり、初心者の方には難しいばかりではなく、広範囲にわたるデザインとなると、プロの技術を持ってしても、複数人で作業をしなければならないケースもあります。
そのようなニーズに応え、バイナルグラフィックを作成するサービスを取り扱っている業者では、別途バイナルグラフィックを貼ってくれるサービスを提供している業者も存在しています。
作業料金は別途請求され、縦横数センチ程度の小さなものであれば数百円程度、ボンネット全体や、サイド全体となると数千円から数万円かかるケースもあり、かなりの幅があります。
もっとも、一般の個人が作業を行った結果、細かなズレやシワが発生するような難しいケースでも、シワひとつ無い丁寧な仕上がりとなるプロの仕事であるため、値段相応の価値はあります。