バイナルグラフィックをする時にあると便利な物

バイナルグラフィックをする時にあると便利な物

バイナルグラフィックが人気の理由 バイナルグラフィックを自分で行う場合には、幾つかの道具を用意しておくと便利です。
まずフィルムを貼る前に車体を洗車して、水を拭いておく必要があります。
その時に使うセーム皮があると便利です。
また洗車の際には中性洗剤も用意しておきます。
バイナルグラフィックは、いかに車体のカーブに沿ってフィルムを綺麗に貼ることができるかがポイントになります。
その時にドライヤーを使うと、フィルムをボディにぴったりとフィットする形に貼ることができます。
熱で曲げるので、しわができることもなくなります。
またタオルを用意しておけば、より上手く貼ることができます。
また、フィルムとボディの間に入り込んだ水を抜くためのスキージも、ホームセンターなどで購入しておくと便利です。
後は余分なフィルムを切り取るカッターやハサミ、細かな部分でフィルムをフィットさせるための綿棒などがあればベストです。
多くは家庭で使うものなので、改めて購入するものは少なくて済みます。

バイナルグラフィックの豆知識

バイナルグラフィックを自作する場合 バイナルグラフィックを利用したいと考えている人ならば、豆知識を仕入れておくと便利です。
元々はアメリカやヨーロッパで、レーシングカーのようなデザインを愛車に施すために利用されたものですが、日本ではアニメファンの間で広まった経緯があります。
バイナルとはビニールを意味する言葉で、車体に貼る素材のことです。
このビニール素材にデザインをプリントして、車に貼り付ける仕組みとなります。
複雑なデザインは塗装では表現しにくいものですが、プリントならば簡単に行うことができます。
また使用するインキも異なるので、塗装よりも豊富な色彩で表現することが可能です。
バイナルグラフィックはカッティングシートを貼る要領で車体に素材を貼り付けることになります。
けれども大きなフィルムを曲面の多い車体に綺麗に貼るためには、高度なテクニックも必要となります。
役立つ豆知識としては、ドライヤーを利用してフィルムを熱しながら貼ることで、綺麗にフィットすることが挙げられます。