バイナルグラフィックのデザインにはそれぞれ意味がある

バイナルグラフィックのデザインの特徴

バイナルグラフィックのデザインの特徴 バイナルグラフィックとはビニールシートによって看板や建築物、自動車などへ装飾を行うことである。車の場合ステッカーを自分好みのデザインに加工して貼りつけます。
特徴としてはステッカーであるため、比較的簡単に貼り付けることができることです。またカッティングシートやラッピングシートを使うことで、複雑なデザインに加工することも可能です。
カッティングシートといっても色んな種類がありますが、塩化ビニール製で薄いシートの裏にシール状ののりがついているものなどがあります。
一般的には社名プレートや案内板の切文字に使用されることが多いですが、通常のシールとは異なり透明部分が無いのでバイナルグラフィックとしても有効的です。
ラッピングシートはデザインだけではなく、ボディを飛び石や直射日光から保護する事もできます。色や模様を替えてる時にも有効的です。
カーボン調のラッピングなどは塗装では難しい表現であり、ラッピングシートを使用することで再現できます。

バイナルグラフィックのカッコいいデザイン

バイナルグラフィックのカッコいいデザイン バイナルグラフィックとはビニール製のグラフィックデザインの意味で、看板やショーウィンドウ、そして車体等の装飾に用いられます。
粘着性のシート、最近ではカッティングシートを使用するものが主流になっていますが、そのシートを自分の好きなデザインにカットして使います。
このバイナルグラフィックでカッコいいデザインとして多く使われているデザインは、まず龍の絵柄を用いられるものが評価が高くなっています。
リアルな絵柄からデフォルメされたもの、または波のような模様として描かれたもの等のデザインの幅が広くオリジナリティを出しやすい点が評価されています。
次に模様で人気が高いデザインは稲妻の模様や流れ星の模様といった天気や天体関連の絵柄は人気が高い傾向にあります。
特に稲妻についてはスピード感が演出されるため、スポーツタイプの車両や大型のバイクで多く見受けられます。
流れ星はメインの絵柄にはなりませんが、ドアミラーや後部ドア等にワンポイントで使われます。